溶接工とは?どのような人が向いてる?

今回は、「溶接工」がどのような仕事なのか、またどのような人が「溶接工」に向いているのかをご紹介いたします。
少しでも、「溶接工」について知り、興味を持っていただければと思います。

■溶接工とは?
「溶接」とは、さまざまな部材に加圧・加熱を施し、一つの部材に接合する加工技術のことです。
その溶接をする人を「溶接工」と呼びます。
溶接方法には大きく分けて次の3種類に分類されます。

・融接:電気や火で材料に熱を加え、溶かして接合する基本的な方法
・圧接:熱に強い素材に、プレス機で圧力を加え接合する方法
・ろう接:材料に熱を加えず、溶加材を用いて材料を接合する方法

■溶接工はどのような人が向いている?
・体力がある人
溶接工の仕事では、重い部材などを扱うことがあり、立ったまま作業する機会が多い職業です。
そのため、長時間の立ち仕事に耐えられる一定以上の体力が必要とされます。
溶接工は体力に自信がある、体を動かすことが好きという人に向いています。

・ものづくりが好きな人
溶接の工程では、さまざまな部材を溶接して、製品を組み立てていきます。
そのため、ものづくりが好きな人は溶接工に向いているでしょう。
自身でものを作り上げた時の達成感は、なにものにも代えがたいものがあります。

・一つのことを極めたい人
溶接工の仕事は、目の前の部材と向き合ってコツコツと作業をするものです。
黙々と作業に没頭できる人、一つの工程を根気強く進められる人などに向いているでしょう。
手に職を身に付け、それを極められる人は一流の溶接工として活躍できるかと思います。

■溶接工に興味がある方はTANA TETSUへ
今回は「溶接工」についてご紹介いたしました。
TANA TETSUでは、現在一緒に働く仲間を募集しております。

TANA TETSUは20年溶接を専門としており、溶接の技術、知識は一流です。
そのため当方で働くことで、確かな技術力と知識を身に着けることが可能!
また、働きやすい環境が整っております。
一流の溶接工を目指すなら、ぜひTANA TETSUへ!
ご応募・お問い合わせ>>


一覧ページに戻る